渡良瀬川沿川の生活文化情報

みにむの人々

みにむの人々

編集長:Sachiko Matsuo
埼玉出身の主婦。足利に嫁いで、20ン年?辛抱強く、忍耐強く、編集室の「おねえさん」かな?大器晩成型かも、と、ひとは言う。

 

編集人:Aya Akiyama
編集と営業を股にかけて大車輪でこなす、編集室で一番若きスタッフ。おいしいモノ大好き、Sweetsには目が無い一児の母。

 

編集お助け人:Masako Mimura
DTPとデザイン編集を担当。修正・校正の多い編集作業を黙々とこなしてくれる、ワーク・アレンジャー!

 

お助け人:Sumie Sandou
「渡良瀬通信」の緊急呼び出しに、心良く応えてくれる、かつての「みにむ編集者」。こちらの勝手に、ついて来てくれます。

 

お助け人:Noriko Mugikura
「渡良瀬通信」の発送業務などをやってくれる、「渡良瀬通信」の「おかあさん」かな。時々手づくり料理が届きます。

 

顧問:Yukio Nomura
創刊号を立ち上げた時は32歳6か月。当時の足利の郵便番号は「326」、というわけで、本の名前も「326(みにむ)」となりました。2002年10月号から「渡良瀬通信」。ちょっとすっきりしたかな、と思います。

PAGETOP
Copyright © (有)みにむ・渡良瀬通信編集室 All Rights Reserved.