渡良瀬川沿川の生活文化情報

みにむの人々

みにむの人々

野村幸男編集長:野村幸男

創刊号を立ち上げた時は32歳6か月。当時の足利の郵便番号は「326」、というわけで、本の名前も「326(みにむ)」となりました。2002年10月号から「渡良瀬通信」。ちょっとすっきりしたかな、と思います。
連載中「たんたn」



松尾 幸子

副編集長:松尾 幸子
埼玉出身の主婦。足利に嫁いで、20ン年?辛抱強く、忍耐強く、編集室の「おねえさん」かな?大器晩成型かも、と、ひとは言う。


野村 良枝

経理&エディター:野村 良枝
子育て終了して、さらに好奇心旺盛。ふるさとは群馬の磯部温泉。全く数字に弱い編集長の「たが」を締めるのに躍起になっている。


小竹 真理子

エディター:小竹 真理子
小竹と書いて『オダケ』です。優しく包容力がありながら編集会議では企画ファイターに!とっても頼りになる編集室のPC職人。


早川 君代

エディター:早川 君代
キャリアを活かし、「別冊」のメインエディターとしてライターをまとめ、さらにPCを操り「渡良瀬通信」の編集もこなします。


山藤 純恵

お助け人:山藤 純恵
「渡良瀬通信」の緊急呼び出しに、心良く応えてくれる、かつての「みにむ編集者」。こちらの勝手に、ついて来てくれます。


三村 耕平

お助けディレクター:三村 耕平
編集長と30年来の付き合いで 編集室のお助けマン。あたらしもの好きで、涙もろい情熱のO型気質。


麦倉 典子

お助け人:麦倉 典子
「渡良瀬通信」の発送業務などをやってくれる、「渡良瀬通信」の「おかあさん」かな。時々手づくり料理が届きます。

PAGETOP
Copyright © (有)みにむ・渡良瀬通信編集室 All Rights Reserved.